:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月18日、渋谷にある株式会社レアジョブの本社で開催されたフィリピン英語留学フェア2012に行ってきました。

Philfair03

多くの英会話学校が参加しており、効率良く、学校に関する情報収集が出来る良い機会ですね。

Philfair02

Philfair01

フィリピン全土に700校の英語学校が有るそうです。その中でフィリピン英語留学フェアに出展してきた学校の多くが、常駐日本人スタッフを抱えており、現地で生活不安は払拭されています。値段も大差無くなってきてます。そうなると、関心は、講師の質や的を得たプログラムの有無に移ります。

多くの講師を抱える大規模校には、講師の育成と管理プログラムがあります。人の集まる大規模校は、同時に学習施設や寮への設備投資も出来るので、やはり大きな学校は魅力的ですね。なお、韓国系の学校は、OPI試験へ対応したプログラムを提供しています。OPI試験は、日本ではまだ認知度が低いですが、日本でも5年後には、TOEICのスコアより重要になるかもしれません。

セブ島の学校LIFECEBUの社長さんと話す機会がありました。韓国の企業では、TOEICの点数が高いが英語を喋ることの出来ない人は、淘汰されているそうです。仕事の現場で、使えない英語は意味がない、現実は厳しいです。韓国人の海外での活躍は、そういう厳しい環境の中で培われているのでしょう。
スポンサーサイト
マレーシア&シンガポール 留学フェア2012

開催日時:2012年5月26日(土)09:00-17:30
開催場所:渋谷FORUM8(フォーラムエイト) 6階 661号室

近年経済発展が著しい東南アジア。特にマレーシアは外資系企業が次々と進出し、力のある現地企業も続々と育っています。古くから貿易の中継点として栄え、世界中から人やモノが集まり、今の多民族国家が形成されました。今なおその名残は引き継がれています。
マレーシアの大学には世界中から留学生が集まり、授業は英語で行われます。地元のマレーシア人学生はもちろん、様々な国の留学生とコミュニケーションをとることで、異文化理解やコミュニケーション力が備わります。もちろん世界中に人的ネットワークが広がることも魅力です。


マレーシア政府主導の初めての取り組みかと思います。マレーシアの大学に関する情報は、日本の媒体も取り上げないので興味はあります。

でも、知り合いの中国系マレーシア人達は、国内より海外の大学に行くケースガ多いです。国内大学の課題も多いのかも知れません。
2011年1月14日に、日本経済新聞社クロスメディア営業局が主催するフォーラム「次代の教育を共に拓く~子供たちが“主体的に生きる力”をつける~」が、日本経済新聞社の日経ホールで開催されます。

次代の教育を共に拓く~子供たちが“主体的に生きる力”をつける~

本フォーラムでは、「次代の教育」の推進のために、民間の教育機関が発起人となり、2010年11月19日に創立された一般社団法人次代の教育を共に拓く会が共催しています。

次代の教育を共に拓く会
一般社団法人次代の教育を共に拓く会

最近の日本の教育は、英会話教育だけでなく、2010年12月9日付のブログ「経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査PISA」でも取り上げたように、他国に比べて見劣る部分が増えてきました。

次代に求められる人材」とその人材養成のための「次代の教育」をテーマにしたこのフォーラムでは、そんな状況を変えるため、過激な処方箋も出てくるのではないかと、少し期待しております。

フォーラムのプログラム内容は、以下の通りです。

13:00~13:10 主催者挨拶 日本経済新聞社 クロスメディア営業局
           共催者挨拶 一般社団法人次代の教育を共に拓く会 理事
           株式会社増進会出版社代表取締役社長 加藤 文夫
13:10~14:20 基調講演「次代に求められる人材とは」
           学校法人上智学院理事長 上智大学教授 高祖 敏明氏
14:20~14:30 休憩
14:30~16:30 パネルディスカッション「次代の人材を育成する教育とは何か」
           【パネリスト】
           お茶の水女子大学教授 内田 信子氏
           帝京平成大学教授 大岩 元氏
           株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役社長 小笹 芳央氏 ほか
           【コーディネーター】
           一般社団法人次代の教育を共に拓く会 理事長 日本教育大学院大学教授 高橋 誠

公益社団法人日本青年会議所が主催、インテル株式会社、株式会社JTB法人東京シスコシステムズ合同会社、東京書籍株式会社、マイクロソフト株式会社が協力する「たくましく生き抜く力を育むための教育フォーラム〜21世紀型スキルを育むために〜」が12月18日(土)13:00〜17:00に、品川コクヨホール(東京都港区港南1-8-35)で開催されるそうです。

日本青年会議所
公益社団法人日本青年会議所

以下、パンフレットから引用しますが、フォーラム副題である「21世紀型スキルを育むために」の21世紀型スキルとは何かを、フォーラムで討議することになりそうです。

情報化や国際化が急速に進展する21 世紀の社会において、日本と世界の学力観も変化しています。次代を担う子どもたちに「たくましく生き抜く力」を育むために、学校・家庭・地域・企業の社会全体で教育に取り組むことが求められています。このたびの教育フォーラムでは、次世代を担う人材育成のキーとして国際的に注目される「21世紀型スキル」をテーマに、これからの教育を展望し、あらゆる枠を超えた社会総がかりの人材育成について、皆様と一緒に考えます。


基調講演「イノベーション・エコノミー時代の人材育成」では、インテル・コーポレーション セールス&マーケティング統括本部副社長兼ワールド・アヘッド・プログラム部長のジョン E.デイビス氏が登壇されるそうです。インテルって、昔から教育機関への活動・研究資金の提供に注力していますね。
第53回目の次世代大学教育研究会が、久しぶりに東京で開催されるのと、研究会で発表される議題がコミュニケーションに関するものが多いのでご紹介しておきます。

次世代大学教育研究会

次世代大学教育研究会は、eラーニングなどのITを導入することで大学教育の何をどう変えようとしているのか、次世代の大学教育そのものについてのビジョンを打ち立てる目的で研究活動を行っております。

開催日時 : 2010年12月18日(土)14:00~18:00
会場 : 早稲田大学早稲田キャンパス14号館6階 14-603 教室
参加費 : 無料(懇親会は実費)
内容 : (以下参照)

14:00 はじめの挨拶

14:10-14:45 「次世代型人材育成とは~理解の構造と納得の原理と実践~」
家本修(大阪経済大学)
概要:人材育成の心理的側面、コミュニケーション的側面、科学的側面、先端的認知科学的方法、次世代型の人材育成の要点について解説

14:45-15:20 「ストーリーデベロップメントワークショップの教育への活用の可能性を探る」(仮題)
阪原淳(早稲田大学メディアネットワークセンター)
概要:コンサルティングの技術、ストーリーデベロップメントの技術等を用いた教育研修プログラム、実際のビジネスの現場から見た語学教育プログラムの開発可能性について検討する。 コラボレーティブな発想の手法、独立排他で網羅的な階層構造をコラボレーションで作る手法、また、そこから数値数量化してゆく手法を取り出して、大学生を相手にワークショップを実施してみたい。

15:40-16:15 「コミュニケーションは双方向的である」
黒田航(早稲田大学情報教育研究所)
概要:日本人(男性)は一方的コミュニケーションから脱却すべし
日本人は(特に英語の運用に関して)次の形で一方的な発信を強いられている
i. 相手の英語がちゃんと聞き取れないにもかかわらず,学会発表で一方的に話す訓練を強いられる
ii. 相手と英語で意見交換ができないのに,英語で論文を書いて発表することが求められる.
しかし,自分の意見を一方的に述べて,相手の意見を考慮しないという傾向は,実は英語に限ったことではなく,日本人(男性)のコミュニケーションの特性であるように思える(特に霞が関で日本の「設計」と「運営」をしている方々に,この傾向は非常に顕著である.官僚の無謬性もここに起因するところが少なくない).
以上の問題を指摘しつつ,これからクローバル化した世界を生きる日本人には,
i. (英語で) 相手の話をちゃんと聞く技術
ii. (英語で) 相手と意見交換する技術
が不可欠であることを強調する.

16:45-17:20 「外国語の口頭運用時における数的処理について」
原田康也(早稲田大学)・前坊香菜子(一橋大学)・坪田康(京都大学)・壇辻正剛(京都大学)
概要:英語で話すと、数字がこんがらがりませんか?『仕事で英語が使える』ということは、英語で数字を使ってもこんがらがらない、ということを意味します。大学の英語の授業でも、パソコンを使ってプレゼンテーションツールを動かしながら英語で数字を交えて科学技術について法的な問題を論じる、というような複合的な技能の訓練が求められています。

17:20-17:55 「複合課題遂行時の知的能力の限界効用について」
阪井和男(明治大学)・栗山健(学研ホールディングス)
人は何かに気を取られていたり、特定の知的能力を使っている間は、びっくりするほど他の能力が使えない状態に陥っている。この知的能力の限界効用を説明するモデルを提示して、個別の知的能力を鍛錬する意味と知的能力の集中と解放が果たす役割について論じ、知的能力の解放と「場」の機能の関連を検討する。


次世代大学教育研究会への参加は自由です。以下のリンク先から登録すれば、今後の研究会開催のお知らせもメールで受信出来るので、一度ご覧下さい。

yahoo!ジャパン
Yahoo!グループ 次世代大学教育研究会  
2010年度流通科学大学教養センターフォーラムが、2010年12月11日(土)13:00~17:00に、神戸市の流通科学大学の6301教室で開催されるそうです。

流通科学大学
流通科学大学教養センターフォーラム:外国語教育のフロンティア

流通科学大学

このフォーラムのテーマが、外国語教育のフロンティア~ソーシャルメディア、先進メディアが切り開く外国語教育の未来と私たちの社会~だそうで、とても興味を惹かれます。

神戸市でのイベントなので、さすがに東京から行けませんが、周辺の方々はご参加されてはいかがでしょうか?Ustrem中継とか行ってくれると有り難いのですが。
チケットを貰ったので、10月29日(金)に、品川プリンスホテルに隣接するエプソン品川アクアスタジアムのステラボールで開催されたHeartthrobs Live in Tokyo 2010に行ってきました。

フィリピンのTV局であるABS-CBNのRegional Network Groupが主催するこのイベント、ABS-CBNの人気スターが登場するため、彼らを観るため集まった在日フィリピン人の方々の凄い熱気に圧倒されました。でも、フィリピンのエンターテイナーのパフォーマンスは十分堪能しましたよ。

Hearthrobs20101029

以下は、YouTubeにアップロードされた出演したスターの動画です。会場の雰囲気、伝わりますか?

SAM MILBY


SAM MILBY & BEA ALONZO


BEA ALONZO


JOHN LLOYD CRUZ


PIOLO PASCUAL
株式会社内田洋行教育総合研究所が事務局を務める、第15回目の教育関係者向けセミナー&展示会New Education Expo 2010が、2010年9月22日~24日、東京ファッションタウン 西館2階TFTホールにて開催されます。なお、大阪では、9月15日~16日、大阪マーチャンダイズ・マートで開催されます。

New Education Expo 2010
New Education Expo 2010

New Education Expo 2010は、9月22日~24日の3日間に渡って、商品やサービスの展示会だけでなく、教育の情報化、サイエンス、小学校英語、確かな学力、図書館改革、諸外国の教育事情、学校の環境づくり、大学のあり方、学校経営、大学改革、大学教育改革、大学の情報化、語学教育、標準化/基準化、特別支援教育など、さまざまなテーマでセミナーが終日開催されています。
韓国のSEGE Fair Co., Ltd.が主催する、子供に関する商品・サービスの展示会KidsFair2010(別名称は、第23回Seoul International Edu-care fair for Children)が、2010年9月30日~10月3日、ソウル特別市の江南区カンナムグ三成洞サムソンドン)に位置するコンベンションセンターCOEXコエックス)にて開催されます。

Educare
KidsFair2010

KidsFairは、2009年約90000人を集客した、子供を持つ親を主な対象とした展示会です。教育に限定した展示会ではありませんが、昨年の出展者の21%は、教育関連商品の会社でした。
韓国のMinistry of Education, Science & Technology、Ministry of Culture, and the Sports & Tourism、Ministry of Knowledge Economyが主催する、韓国のeラーニングに関する展示会e-Learning Week 2010が、2010年9月16日~18日、ソウル特別市の江南区カンナムグ三成洞サムソンドン)に位置するコンベンションセンターCOEXコエックス)にて開催されます。

e-Learning Expo Korea
e-Learning Week 2010

今年で第5回目を数えるe-Learning Week 2010は、テーマEnjoy Smart Life on e-Learning Week 2010を掲げており、韓国が得意とするスマートフォン、IPTVを活用したeラーニングの最新動向に触れることの出来る展示会になりそうです。また、展示会と並行して9月16日~17日にはカンファレスも開催されます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。