:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年フィリピンでは、韓国の人気女性9人組アイドルグループ「少女時代(ソニョシデ)」の人気が沸騰しました。
日本では、8月11日に、ヒット曲を収録したDVD「少女時代到来 ~来日記念盤~ New Beginning of Girls' Generation」を発売しており、フィリピンやタイでの人気は先行したのですね。

Innolife
「走れ悪魔」少女時代がタイ・フィリピンで1位

フィリピン最大アルバムのミュージックオンとアストロプラスが各々1週間のアルバム販売量を集計、発表する週間チャート(5月17~23日)でも、22日発売と同時に首位になった。マネージメント社SMエンターテイメントは「少女時代は2集タイトル曲『Oh!』に続き『Run Devil Run』まで韓国はもちろんタイ、台湾、フィリピンなどアジア全域で各種音楽チャートを独占、今後アジアでの活躍に対する期待を高めた」と明らかにした。


聞くと、フィリピンでも楽曲「Gee」の振り付けを真似るのが、流行っています。少女時代、大したものです。

でも、個人的には、女性5人組アイドルグループの「KARA」の方が好きなので、産経新聞の記事から紹介しておきます。

産経新聞
韓国超人気グループ・KARA、日本上陸!

8月にシングル「ミスター」で日本デビューする韓国の人気5人組ガールズグループ、KARAが8日、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂で会見した。
韓国では07年3月にデビューし、今年3月発売の「LUPIN」は同国の3大歌謡番組すべてで1位を獲得した超人気グループ。


MisterJumpingLupinどれも好きです。他曲でも、日本語対応が進んでいます。





スポンサーサイト
ABC-CBN News.comの記事にあったのですが、オンライン旅行雑誌Smart Travel Asiaのウェブ調査によると、2008年度、休暇で行きたい観光地ベスト10 を選ぶthe best holiday destinations(ベスト・ホリデー・デスティネーション)に、フィリピンの観光地が2つ選ばれたそうです。

ABC-CBN News.com
Boracay, Palawan among Asia’s top vacation spots: poll

Smart Travel Asia 
Smart Travel Asia
The best holiday destinations

2008 Rank (2007 Rank)
1. Bali, Indonesia (1)
2. Phuket, Thailand (2)
3. Kerala, India (3)
4. Maldives (5)
5. Hong Kong (4)
6. Bangkok, Thailand (6)
7. Boracay, Philippines (7)
8. Palawan, Philippines (7) Chiang Mai, Thailand (-)
9. Angkor (Siem Reap), Cambodia (10)
10. Koh Samui, Thailand (8) Rajasthan, India (6)


7位に選ばれた観光地がBoracay Islandボラカイ島)、8位がPalawan Islandパラワン島)です。ボラカイ島は、首都マニラからは南へ200kmにあるフィリピン中部、シブヤン海に浮かぶ離島です。ボラカイ島観光の目玉は、全長4kmの白砂のビーチです。

旅行のクチコミサイト フォートラベル:ボラカイ島

パラワン島は、フィリピンの南西部にある、南北の長さ397km・東西の幅の平均約40kmと細長い島です。マニラから国内線で1時間程の距離です。「フィリピン最後のフロンティア」などと呼ばれ、エコツーリズムの対象ともなっていますが、日本人にはまだ馴染みがない観光地と思います。でもパラワン島は、2007年National Geographic Traveler magazineでは、東アジア・東南アジア地域の観光地としてNo.1になっています。

旅行のクチコミサイト フォートラベル:パラワン島

また、同じ調査のBest Leisure Hotels & Resorts, Asia部門において、パラワン島にあるEl Nido Resort Lagen Island が、2007年度15位から2008年度12位に選出されています。

El Nido Resort Lagen Island 
El Nido Resort Lagen Island

パラワン島でのリゾートホテル開発はまだ進んでいます。私の会社にも、フィリピンでの仕事のパートナーを介して、ある浜辺を保有しているホテルの建築家から、リゾートホテル建設のため資金提供をしてくれる投資家を探して欲しいとの要請が来ています。
今年3月1日に開園したマニラ・オーシャン・パークを取り上げます。新しく綺麗な水族館です。マニラの新しい観光スポットとして認知されつつあります。

Ocean Park Manila Bay

場所は、マニラの観光スポットの一つであるリーサル公園やロハス大通り沿いのマニラホテルの近く、マニラ湾に面したところです。7月にリーサル公園の近くに行った際、時間があったので、行ってきました。

Address: Quirino Grandstand Luneta, Manila, Philippines
Tel: (632) 4000604
Fax: (632) 4000732

まだ稼動していませんが、ショッピングモールやホテルがこの水族館に併設されるそうです。見終わった後の出口への誘導路も、まだ内装が出来ていませんでした。市内観光のロケーションとして最適な場所なので、ホテルの客室からの眺めや料金がどうなるか、気になりますね。

この水族館は、商業ビルや水族館などへの投資を行っているChina Oceanis Group Ltdという会社のフィリピンの子会社China Oceanis Philippines Inc.が保有・運営しています。公営施設ではありません。

01 Manila Ocean Park080728 

これは、水族館の入り口の前にある看板です。

02 Manila Ocean Park080728 

水族館内に入ると、吹き抜けのあるホールがあり、その奥に水族館のチケット売り場があります。チケット売り場に行くまで、両脇にはレストランがあります。

03 Manila Ocean Park080728 

水族館のチケット売り場です。

04 Manila Ocean Park080728 

入場料は、大人400ペソ、子供350ペソです。この値段は、フィリピンの庶民にとってかなり高いです。子供料金は、年齢ではなく身長になっています。

05 Manila Ocean Park080728 

Fish Spaというアトラクションもあります。プールに素足を入れると、素足を小魚が突っつくというものです。

06 Manila Ocean Park080728 

アーチ型の水槽は、大きくて見ごたえが有ります。皆、この当たりで休憩や写真撮影をしています。これ以外の施設については、お楽しみということで、実際に見てください。
2008年7月末に、情報収集のため、フィリピンの首都マニラにあるフィリピン政府観光省を訪問しました。

その際、応対してくれた担当者が、私の帰国前にゴルフのレッスンプロを紹介してくれました。(これも仕事絡みです。)その待ち合わせ場所は、マニラのビジネス街マカティにあるショッピングモール内のレストランTravel Café Philippinesです。

2007年12月にオープンしたTravel Café Philippinesは、この地域の高級ホテル宿泊客や、日本の丸の内も相当するビジネス街で働く人達向けの高級レストラン&バーです。フィリピン人と日本人が経営するPhilippine Japan Coffee Holding Corp.が運営、フィリピン政府観光省が支援しています。以下は、その写真です。

Travelcafephilippinesmakati 

コーヒー党の私は、予習していました。Travel Café Philippinesでオーダーしたのは、フィリピン産高級コーヒーアラミドコーヒーAlamid Coffee)、別名フィリピン・シベットコーヒー(Philippine Civet Coffee)です。希少価値の高いコーヒーなので、一度飲んでみたいと思っていました。何故なら、このコーヒー豆は、ジャコウネコの一種であるシベットが、コーヒーチェリーを食べ、消化器で発酵されて後、排泄された未消化の豆を採取して焙煎されたものだからです。

レシートを無くしてしまい、いくらだったか値段を忘れましたが、高かったです。肝心の味はどうかというと、「あれコレってコーヒーなの」という意外な甘さがありました。でも、ゴルフレッスンのビジネスの話で夢中だったので、正直、あまり覚えていないです。(誰かフォローしてくれると助かります。)今度は、一人で行って、じっくり楽しみたいです。

Philippines Prime: Travel Café Philippines

Travel Café Philippines
Address: 2nd Fl. Greenbelt5 Paseo de Roxas, Ayala Center, Makati City, Philippines
TEL: (632)729-2233
営業時間:10:00am ~10:00pm
定休日:なし

帰国後は、飯田橋のTravel CaféフィリピンTOKYO店に行きました。飯田橋のTravel Café フィリピンTOKYO店は、株式会社インストアメディア社が運営、フィリピン政府観光省が支援する形で経営されています。店内には、観光を中心にした様々なパンフレットが常置されており、ちょっとしたショールームのような印象です。

Travelcafephilippinestokyo  

さて、ここでオーダーしたのはフィリピンアイスティーです。真夏に駅から歩いてきたので、優しい甘さと冷たさは格別でした。値段は350円。財布にも優しい値段でした。

Travel CaféフィリピンTOKYO店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。