:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
需要のあるところに商売が有ります。

韓国では、大学生ではなく、小、中、高校生が外国に留学する機会が増えています。2007年では、27,000名以上の小、中、高校生が外国に留学しているそうです。

しかし、早期留学に伴って家族別居の問題が起きています。子供を外国で学ばせるため、妻も子供に帯同して外国に住み、父親は韓国に残って生計を支えることが起きています。韓国語では、このような父親を、キロギ・アッパGoose Dad)と称するそうです。

家族別居の問題だけでなく、外国に留学すれば、お金もかかります。そのため韓国にはEnglish villages英語村)のように英語だけで授業を受ける教育施設が、21箇所も存在し、5000人を受け入れる能力は既に有るそうです。

CNNの記事も、観光地である済州島Jeju、チェジュ)でも、韓国語と歴史の授業を除き、英語で小中高一貫教育を行うためJeju Global Education Cityが設立された話を取り上げていました。Jeju Free International City Development Center が運営するJeju Global Education Cityに進出するのは、英国のNorth London Collegiate Schoolであり、2011年から9,000人の生徒が新しい学校で学ぶ計画です。

CNN
English-education city opens in S. Korea

 

Jeju Free International City Development Center 
Jeju Free International City Development Center 

Jeju Global Education City 
Jeju Global Education City

North London Collegiate School 
North London Collegiate School

Jeju Global Education Cityの年間授業料は31,000~47,000米ドルを想定しており、これは外国に留学させた場合の費用のおよそ半分だそうです。

Jeju Global Education CityのプロジェクトマネージャーのChristopher Bogden氏によると、将来この学校では中国人や日本人の子女も受け入れたいとの意向があります。

"Potentially there are 750 million people that live within a two-hour flight time radius of Jeju."


2009年7月には、韓国南部の巨済島(Geoje、ゴジュ)に新たな英語村Herald Media Mokpo English Villageが廃校施設を再活用して、開校したそうです。競争も厳しくなります。

geoje 
Geoje City
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。