:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Atlanta Journal-Constitutionの記事は、大学を卒業したばかりの米国の大学生が、韓国で英語を教える背景を取り上げていました。母国での雇用機会が限られる昨今、大卒で犯罪歴が無ければ、韓国英語教師の職を得ることが、比較的容易なようです。

The Atlanta Journal-Constitution
Young Americans flock overseas to teach English

韓国などで英語教師職を探すための情報を提供するサイトDave's ESL Cafeを主宰するDave Sperling氏によれば、英語教師に要求される知識も、厳しくありません。

“These schools are interested in pronunciation, being able to make conservation, not rules of grammar.”


Dave's ESL Cafe
Dave's ESL Cafe

韓国における英語教師の待遇は、年間24,000米ドル(支払いは韓国ウオン)であり、無料のアパートメントが用意され、往復航空券が支給されます。米国ジョージア州のある学生の例だと、以下のような待遇です。日本でも同じような待遇でしょう。

“The beginning teacher salary in Cobb County is around $39,000 and I am being paid 2.2 million won ($1,900) per month.”
“It is not as much pay, but when you figure everything else out, things look different. I was provided round-trip airfare and free housing in a furnished one-bedroom apartment about 10 minutes walking distance from my school. Income tax is only about 3 percent of my salary.”

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/124-ea60ff97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。