:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Taiwan Newsの記事は、何故、台湾英語教育に注力しなけばならないのかを説明していました。増大する中国の経済力と台湾がバランスを取るには、台湾の経済活動全てで自由化と国際化を推し進める必要があるという意見があります。一方、人材は、国際化を実現するための英語や他外国語のスキルが、まだ十分でないそうです。

Taiwan News
Taiwan must invest now in more language study

台湾では、これまで外国語の学習は、公立小学校が行われず、私立小学校で行われています。この状況は、経済的余裕のない家庭の子供が公立学校で外国語習得できないことで経済的に裕福になる機会を失い、裕福な家庭の子供が私立学校で外国語習得することで経済的に裕福になる機会を得ることにも繋がります。

記事では、台湾政府がこれを是正する方法として、ネイティブスピーカーとのコミュニケーション出来る機会を増やすべきだとしいています。英語の授業を、台湾人が文法を、ネイティブが会話を教えるようにと提案しています。新たにネイティブスピーカーを10,000人雇う費用は、年間で約100億台湾ドルだそうです。

この記事を読むほどに、日本はどうなるのかと思います。英語教育、特にコミュニケーション能力の開発が出来無なければ、その十字架を背負うのは後の世代の人達です。次世代に、コミュニケーション能力を開発する機会を与えるのは、英会話で挫折してきた現在の世代の義務でしょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
台湾の英語教育
確かに貿易立国としての自覚なのか、英語熱は高いようです。幼稚園から英語を使って教えるところが沢山あります。日本ではそうしたことは無駄であると考えられているのに対して、高い月謝を払ってまでも無駄ではないと思っているのですね。
2010/06/09(水) 02:25:22 | 甘ちゃん@台湾 | #/Gi.mEmc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/129-14357b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。