:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国・カナダの500大学及び北米圏以外の12大学の学長を代表する組織Council of Graduate Schools(CGS)が、調査資料「Findings from the 2010 CGS International Graduate Admissions Survey」を発表しました。この資料は、アメリカ大学院への留学応募者数などを捉えたものです。

Council of Graduate Schools
Council of Graduate Schools

今回は、どこの国・地域別から米国大学院に留学しようとしているのか、Inquirer.netの記事から紹介します。

Inquirer.net
Foreign graduate student numbers rise again in US

CGSの資料の「Change in International Graduate Applications, 2006 to 2007 through 2009 to 2010」を見ると、2009年~2010年の海外からの大学院留学生は前同期比7%増です。増加率で顕著なのは中国で、2009年~2010年が前同期比19%増加、しかも5年連続10%以上の増加が続いています。日本の数字は、この資料には記載されていません。

CGS_data

CGSの責任者 のDebra Stewart氏によると、進学先として米国の大学院が選ばれる今の傾向にも満足はしていないようです。

"We must not be overconfident. The lack of growth from India and South Korea is an ongoing concern, and as we saw in 2009, an increase in applications does not necessarily result in equivalent enrollment growth."

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/130-16e0da82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。