:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年の頃、フィリピンで、韓国人が経営する英語学校が500校以上有ると聞いたことがありました。でも、Manila Standard Todayの記事から推測しても、500校という数字は多過ぎのようです。

Manila Standard Today
Koreans keen on job visa

フィリピンのImmigration bureauのコミッショナーMarcelino Libanan氏によると、フィリピン滞在のための特別ビザSpecial Visa for Employment Generation (SVEG)を得ている韓国人128名中、112名が英語学校に投資しているそうです。フィリピンに滞在する韓国人は約6万人、その殆どが観光ビザで入国、3ヶ月ごとに延長して行きます。2008年11月17日の大統領令により、2009年4月より特別ビザSVEGの発行を開始、2010年3月末現在、特別ビザを得ている外国人数は485名ですので、韓国人の存在がいかに大きいのか分かります。

英語学校は、主にMetro Manila、Baguio City、Cebu City、Davao Cityで開校しており、最低資本金には5百万ペソが必要です。投資を前提とする特別ビザには、投資する会社が10名以上のフルタイムの従業員を雇用することも求められています。SVEG One-Stop Shop Center (SVEG-OSSC)の弁護士Cris Villalobos氏によると、特別ビザSVEGの発行により3万人の雇用が創出されたそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/132-e5f33f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。