:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PR URGENTの記事によると、マレーシアのJobStreet Corporation Berhadが運営する東南アジア圏最大のオンライン求人サイトJobStreet.com(ジョブストリート)が、求職者の英語能力を判定する試験JobStreet English Language Assessment(JobStreet ELA)を導入したそうです。2009年末の導入から、既に20万人以上が60万回の試験を受けています。

PR URGENT
JobStreet ELA helps jobseekers improve English

JobStreet
JobStreet.com
JobStreet English Language Assessment

JobStreet ELAは、20分間で、会話、文法、単語、総合に関する40問の選択式問題をオンラインで回答するというものです。試験問題は固定されておらず、応募者が試験を受ける度に、新たな問題が生成されます。

求人会社にとっては、JobStreet ELAによって、応募者の能力を測る機会が増えるのは好都合です。面接するまでに、能力のある人のみスクリーニング出来れば、無駄な面接を削減出来ます。

一方で、応募者はより高い英語能力を身に付ける必要が有ります。日本の人材紹介会社でも、2~3年後には、求職者の英語能力を判定する試験をオンラインで行うようになっているかも知れません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/142-88b2ce65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。