:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社と、株式会社アルクが提供する「バーチャル英会話教室」を紹介します。

NTTLS
バーチャル英会話教室

バーチャル英会話教室とは何か?に関しては、ホームページから引用します。

“3D仮想空間とアバターで学ぶグループ英会話レッスン”

・ ネット上の英会話の便利さと3Dの臨場感を兼ね備えたレッスン環境で、ご自宅でリアルの英会話教室にいるかの様な英会話レッスンを受講いただけます。
・ 3D仮想空間ならではのレッスンもご用意。3D仮想空間内の空港カウンターでのチェックイン手続きなど、実際に英語を使う状況でのロールプレイレッスンを体験いただけます。
・ 最も重要なのはレッスンの質!高い実績のあるアルクのレッスンメソッドにより、お客様の英会話スキルを確かに引き上げます。
・ レッスンでは、アルクの通信講座「英会話コエダス」の会話文をアレンジしたスキットを使用。日本人が英語を話さなければならない「場面」と、その場面で必須の「表現」を厳選しています。「英会話コエダス」を受講された方も、身に付けた英語を「バーチャル英会話教室」で試すことができます。


料金は、入学金が5,250円で、授業料(2010年7月~9月)は、週2回24回コースで50,400円(キャンペーン価格は37,800円)、週1回12回コースで28,350円(キャンペーン価格は22,050円)です。(金額は、全て税込価格)

インターネットというインフラを使って英会話を教えるサービスはいくつも見てきましたが、このバーチャル英会話教室は、まず技術ありき、技術をつなぎ合わせただけ、人間同士の生のコミュニケーションの面白さを欠いた英会話授業です。正直お奨めしませんが、対人コミュニケーションに恐怖を感じる人には、いいのかもしれません。

なお、このバーチャル英会話教室の運営には、ngi group株式会社が、3D空間構築用サーバーソフトウェア3Di OpenSim及び3D空間視聴用ビューア3Di OpenViewerの提供、協力しています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/238-b2c461b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。