:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月9日付の日本経済新聞によると、10月8日にフィリピン上院が、日本と署名した日比経済連携協定EPA)を批准したそうです。

これにより、日比経済連携協定が、2008年内に発効、フィリピン看護師介護福祉士が2009年前半にも来日するそうです。発効により、向こう2年間で400人のフィリピン看護師と600人の介護福祉士の候補生が日本で働けることになります。

8月には、日本とインドネシアとの経済連携協定の発効により、看護師介護福祉士の資格取得をめざすインドネシア208人が来日、日本語の研修を始めました。この人数、募集定員500人からは、かなり割り込んだ人数です。

その理由は、産経ニュースで詳しく書かれています。インドネシアでは、看護学生全体の就職率は4割であり、しかも月給もそれほど高くないので、海外で働きたいニーズは高いそうです。それでも人数が少ないのは、経済連携協定の発効から募集期間の短さ等、制度の利用について、周知が進んでいなかった点にあるようです。

産経ニュース
インドネシア人看護師、介護士候補生が定員割れ “天使”たち、来日の道険し

では、フィリピン人の場合はどうでしょうか?まず、NHKの番組サイト「BSディベート」から、海外での働くフィリピン看護師についての情報を引用します。

フィリピン看護師は今日まで約30万人が海外で働いている。
毎年、1万人前後が国を離れ、2001年には、1万3536人の看護師が131の国で働いていた。
毎月の賃金は、アメリカの場合、約4000ドルで、フィリピン国内の約10倍にのぼるという。
フィリピン人看護師が、海外で評価が高いのは、英語が話せること、4年制の大学でアメリカの教科書を使って教育受け、知識、技能ともにレベルが高いことなどが理由だと言われている。
介護士は2002年に国家資格が定められた。卒業生は毎年約5万人。
海外で働く介護士は、2001年465人、2002年5,383人、2003年18,878人と急増している。

BSディベート 
BSディベート
フィリピンの看護師、介護福祉士事情

英語を使いこなせるフィリピン看護師が目指す国は、そのフィリピン看護師へのニーズが高い米国、カナダ、英国など英語圏の国やサウジアラビアなどです。日本の場合も、働ければ経済的魅力は有りますが、将来、看護師として就労するには日本語による国家試験合格が義務付けられており、日本語の学習というハードルもあり、リスクがあります。

一方、米国は、永住資格を得て家族を呼び寄せたりすることのできる可能性が高い国として人気があります。永住資格を得にくい日本は、フィリピン看護師にとって、魅力の乏しい国です。でも、それが理由となり、募集定員割れを起こすかどうかは、まだ分かりません。働き先の米国景気の後退や、フィリピン看護師受け入れ国側の政策の転換もあり、もしかしたら、目先の稼ぎのため、応募が殺到するかも知れません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/26-b1893315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。