:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
sankeibiz.jpの記事に、英会話学校NOVAの経営破綻後、縮小してきた英会話市場に底打ち感が出ている話題を取り上げていました。

sankeibiz.jp
企業の「英語公用語化」効果も…英会話学校や教材が活況

要因は、2010年6月18日付のブログ「社内公用語を英語にする楽天」や2010年6月25日付のブログ「ユニクロも英語公用化」で取り上げた楽天ファーストリテイリングの英語公用化が、マスコミに大きく取り上げられたことあるようです。そのマスコミの社員それぞれが、自らには英語力が無いことを、実感しているのかも知れません。

以下のように、ベルリッツ・ジャパンのような英会話学校にとっては、嬉しい特需です。

ベルリッツ・ジャパン
ベルリッツ・ジャパン

ベネッセグループの有名英会話学校、ベルリッツ・ジャパン(東京)では、夏季限定のビジネス英語講座への申し込みが急増。実数は公表していないが、6月15日~7月15日までの1カ月間で、申し込みが昨年の2・4倍に達した。

この講座では、夏休みを利用して、講師がマンツーマンでビジネス英語を指導する。50回のレッスンを最短5日、最長4週間で受講できる「50レッスン(総額26万8000円~)」に加え、今年は最短3日、最長4週間の「25レッスン(14万1250円~)」も新設。「通常なら6カ月かかる一般的なコースを、最短3日で終えることができる」(広報担当)というのがウリだ。


私も、英会話市場の縮小に、底打ち感が出てもいい時期かと思います。ただ、学習成果に根拠のない通販教材「スピードラーニング」はお勧めしませんが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/261-a4e602d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。