:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある方のTweetの紹介していた米国の教育現場に関するノンフィクション映画「Waiting for Superman」が、面白そうなので、紹介しておきます。

この映画は、2006年制作、元アメリカ合衆国副大統領のAl Gore氏が主演した「不都合な真実(An Inconvenient Truth)」を監督したDavis Guggenheim氏の作品です。私も15年前に、米国ジョージア州の中学校で日本語・日本語文化の授業を、週4コマ受け持っていました。映画に紹介されるニューヨークの学校の問題点と共通するものが、ジョージアの田舎でも有りますね。

バンクーバー経済新聞
「不都合な真実」監督の新作「Waiting for Superman」、バンクーバー映画祭でチケット完売

ニューヨークのHarlem Children’s Zoneプレジデント、Geoffrey Canadaさんはハーレムの子どもたちの高校と大学の卒業率を上げる活動を行っている。作品では「待っていてもスーパーマンは助けに来てくれない。教師、親、大人たちがヒーローになって子どもたちを救わなければ」とCanadaさんらが新しい公立学校作りに取り組む姿を追う。同時に実際、学力向上の成果の出ている公立学校に子どもを入学させたいと希望をつなぐ5家族とその子どもたちの姿も追う。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/343-bd2375c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。