:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の公立学校の先生に突きつけられた課題を、The Korea Timesの記事から紹介します。

韓国政府は、公立の小中高校における英語学習を強化するため、2012年までに英語による英語教育Teaching English in English (TEE)実施に向けて動いており、現場の先生方はそれに対応するため、英会話能力を高める必要があります。

The Korea Times
More Teachers Hone English at Private Institutes

ソウル特別市のSeoul Metropolitan Office of Educationは、2009年度、小、中学校の英語教師合計444名がhagwon(塾)などで英会話を学ぶための補助金を、1名当たり3ヶ月で450,000ウォン (350米ドル)を拠出しているそうです。小学校教師204名、中学校教師240名が対象であり、2008年の対象者数200名から倍増しています、

Sorabol High Schoolの英語教師のYoon Yeon-mo氏は、補助金だけでは足りないそうです。

``I can easily find other English teachers from public schools in my class (at the foreign language institute). Many English teachers are under pressure to study English, as they have to conduct English-only classes.”



ソウル特別市には、英語教師が小学校に3,800名、中学校に4,678名もいて、補助金を受領出来ない先生もいます。しかし、自費で英会話教室に通う英語教師は多いようです。 英会話教室に英語教師が通う理由は、韓国政府が、2009年秋から、英語教師の能力を峻別するため、TEE Certificate(証明書)を発行する予定だからです。

韓国が進める、英語授業で会話能力のアップに向けての取り組みは、日本も学ぶべきものがあります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/36-2d637bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。