:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月6日付のブログ「ロボットによる小学校での英会話授業始まる」では、韓国の小学校で、ロボットEngKeyによる英語授業が始まったことを取り上げていました。The Korean Timesでは、Robotics forumにおけるHyundai Research InstituteのエコノミストKim Shin-hwan氏のコメントを大きく取り上げています。彼は、近い内にロボットが英語教師を代替すると予測しています。

The Korean Times
Robots to Replace Native English Teachers

"By around 2015, robots should be able to help teachers in English classes. By 2018, they should be able to teach on their own while communicating with students."


ここで定義しているロボットとは、以前紹介した人が遠隔操作するようなロボットEngKeyではなく、人の操作に拠らない自立型のロボットです。

私にとって、それが実現する・しないは、あまり関心は有りません。一方で、韓国は、英語の学習のため、様々な方法論が検討されて採用されている、その柔軟性にとても関心しています。硬直的な日本の英語教育や、保守的な日本の英語学習者とは、異次元の世界です。その背景には、学問ではない、日常生活や仕事において実践的に使える英語が求められる背景があるからでしょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
興味深い話でした。
2010/11/23(火) 11:12:31 | ゆき | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/390-eff1afca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。