:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国は、アジア圏で最も多くの留学生、しかも幼稚園児、小学生さえも送り出している国であり、2007年外国で勉強している韓国人留学生数は、35万人もいます。しかし、韓国の通貨ウォン安の影響で、韓国人の学生が留学を中止したり、留学先の変更を迫られている記事が、The New York Timesに有りました。

The New York Times
Global Financial Crisis Upends the Plans of Many South Koreans to Study Abroad

では、ウォン安はどのよう進んでいるのでしょうか?Yahoo!Financeから、2008年1月から2009年1月の米ドルと韓国ウォンの為替相場の動きをチャートにすると、米ドルが8月頃から急速に高くなっていることが分かります。ウォンの価値が、2008年8月から2009年1月にかけて40%近く減少しているのです。

ChartJan2008toJan2009 

ウォン安に歩調を合わせるようですが、2008年10月に韓国Education Ministryの発表によると、2008年上半期の外国で勉強する小、中学生の数はこの10年で初めて減少したそうです。

留学斡旋サイトuhak.comのエグゼクティブディレクターのChoi Won-seok氏によれば、かつてはウォン高による留学バブルの時期があったそうです。

“The strong won made overseas education become affordable, perhaps too affordable, for more South Koreans.” “Korea experienced a study-abroad bubble.”

uhak
uhak.com

Choi Won-seok氏によれば、2008年15万人相当の1年以内、短期で英語を勉強するため留学する学生数が、2009年は30~40%減少すると予測しています。わずか月額750米ドルだけで、リゾート形式の宿泊施設でマンツーマン形式の英会話レッスンを受講出来るフィリピンでも、渡航する学生数の減少は避けられない状況です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/41-fadd1af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。