:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Economics Timesの記事によると、出版社Penguinやビジネス新聞Financial Timesを抱える英国教育大手Pearson Group傘下のPearson Educationのインドでの事業活動を取り上げていました。以前からPearson Educationのインドでの事業展開は気になっていたのですが、この記事では、オンライン英語習熟度テスト「Pearson Test of English」が紹介されていました。

The Economics Times
Pearson Education open to expansion opportunities

Pearson Education
Pearson Education

Pearson Educationがインドでも提供しているオンライン英語習熟度テスト「Pearson Test of English」は、2009年から市場に投入、現在は、世界2,000以上の高等教育機関で利用されています。インドビジネススクールIndian School of Business (ISB).でも利用しています。

Pearson Education Internationalの社長のMark Anderson氏が、「Pearson Test of English」が狙う市場を、以下のようにコメントしています。

"Our main focus is on markets in India, China, Brazil, South Africa and parts of Middle East... We are focussed on offering products and services that would help in improving English (proficiency)."
"There has been a positive response for this test in India. We will work towards further improving the test and take it to the next level...."


英会話能力の向上は、その求める英会話能力の違いこそあれ、日本だけの課題ではないのです。ただ、「Pearson Test of English」がまだ日本には投入されていないことを考えれば、日本では、まだまだニーズが小さいと看做しているのかもしれません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/422-ae5cc9a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。