:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guardianのオンライン版の記事は、2009年12月20日付のブログ「バングラディッシュの英語教育プロジェクトBBC Janala」で取り上げた、バングラディッシュの携帯電話を使った英語教育プロジェクトBBC Janalaや、他の海外の携帯電話を利用した英語学習を取り上げていましたので、紹介しておきます。

Guardian
Language reaches poor by mobile phone 

経済的余裕のない人を対象に、3分間の英語学習プログラムを提供するBBC Janalaは、2009年11月のサービス開始以来、3.5百万回も利用されています。

今回注目したいのは、携帯電話メーカー最大手のNokia CorporationによるOvi Life Toolsです。2009年に中国、インド、インドネシアで提供を開始したOvi Life Toolsは、農業、教育、エンターテイメントなど分野ごとに各国利用者の関心のある情報をテキストメッセージなどで提供しています。6.3百万人がOvi Life Toolsを利用しており、中でも3段階式の英語レッスンは、最も人気のあるコンテンツだそうです。

Nokia Ovi Life
Ovi Life

Ovi Life Toolsの英語レッスンは、1日に学ぶ会話レッスンをテキストメッセージで送信しているだけです。でも、1ヶ月の利用料金は、なんと1米ドルです。多言語国家であるインドでは、11言語に対応する必要があり、Nokiaがインドで協業しているのが、Enablem Mobile Technologies Pvt. Ltd.(Enablem)です。Enablemの役割は、1日に学ぶ会話レッスンを、11言語で翻訳、発音なども11言語毎に解説するといった業務だそうです。

Enablem
Enablem Mobile Technologies Pvt. Ltd.

Nokiaは、既に日本からは撤退してしまったので、このOvi Life Toolsを観ることも出来ないかも知れません。確認するには、中国、インド、インドネシアに行った時に、Nokia端末を持っている人にどんなサービスなのか、質問するしかなさそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/425-65f6deca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。