:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月4日付のブログ「ベトナムの小学生の英語教育」では、ベトナムが、2018年までに小学3年生以上を対象に英語教育の導入する計画があることを取り上げました。

現在は、その移行期間ですが、Viet Nam Netの記事によると、HCM City University of Educationが主催したワークショップの発表で、ベトナムにおける公立学校における英語教師不足が、明らかになりました。

Viet Nam Net
Difficult to find primary schools English teachers

HCM City University of Educationの小学校教育学部のNguyen Thi Ly Kha博士が、学部の学生50名にヒヤリングしたところ、将来、誰も小学校の教員になりたいとは思っていなかったそうです。理由は、教員になると昇格などの機会が無い、つまり、給与などの待遇が良くないようです。

同大学のNguyen Kim Hong博士は、英語教師が1日4時間、1週16時間のクラスを受け持つと、全国で39,759名の教師、ホーチミン市で1,763名の教師が必要だと試算しています。また、その場合、2020年まで毎年、全国6,626名の教師、ホーチミン市で294名が必要になってきます。一方で、HCM City University of Educationに所属する学生数は150名であり、その大半が高校教師を目指すそうです。

公立学校英語教師の1時間当たりの給与(最低1時間100,000ドン(約10米ドル))は、他科目の教師給与の3倍に相当するそうで、便宜は図られています。しかし、公立学校英語教師の給与は、民間の英語講師の給与に劣るため、そちらに人材が流れているようです。

日本では、2011年4月から適用される新学習指導要領で、小学5、6年生の「外国語(英語)活動」が年35時間(週1回程度)必修となります。1名の教師が全科目を教える日本の小学校では、英語の指導経験がない先生が英語をどう教えるかが大きな課題です。ベトナムでは起きている課題は、日本とは全く異なるものですが、英語の義務教育化が引き起こした問題としてとても興味深いです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/442-2add1d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。