:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月20日付のブログ「Social Media Revolutionという動画が訴えるもの」では、成長著しいTwitterやFacebookなど、ソーシャルメディアに対応出来る英語力を養う時代が来ていることを明示した、「Social Media Revolution」と「Social Media Revolution 2」という動画を紹介しました。

今回は別の切り口で、英語がインターネットの世界でどれだけ重要な言語であるか紹介します。Fox Newsの記事は、言語別インターネット利用者数を取り上げていました。

Fox News
Will the Internet of the Future Be in Chinese?

Fox Newsの記事は、技術系ブログThe Next Webの推計数値を取り上げ、英語を使うインターネット利用者数536百万人、中国語を使うインターネット利用者数444百万人であり、2011年には中国語が英語を上回ると明言しています。中国の人口を考えれば、中国語の利用者数が多いのは当然です。

むしろ、英語の利用者数が、想定よりも大きいことを痛感します。2008年8月31日付のブログ「韓国におけるフィリピン人英語教師」で取り上げた、「ネイティブ」として英語を使う人数は、アメリカ合衆国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカの人口を足しても、450.22百万人しかいません。

The Next Web
The Next Web

ちなみに、日本語を使うインターネット利用者数99百万人でした。日本語には、これ以上の伸びしろはないです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/444-2448b5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。