:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月24日付のブログ「イルーションテクノロジーの先生は、米在住の失業教師」で取り上げたオンライン英会話を提供する米国ワイオミング州のEleutian Technology Inc. (イルーションテクノロジー)が、韓国で展開しているTeaching English to Speakers of Other Languages(TESOL、英語を母国語としない人たち向けの英語教授法)のオンラインのトレーニングプログラムを紹介します。

Eleutian Technology
Eleutian Technology Inc.

Eleutian Technologyは、韓国オンライン大学Seoul Digital Universityと共同で、英語教師向けのTESOLトレーニングを提供するYellowstone Language Instituteを設立しました。

Seoul Digital University
Seoul Digital University

Yellowstone Language Institute
Yellowstone Language Institute

TESOLトレーニングは、1週間10時間、15週間で合計150時間のコースから構成されており、100%オンラインで授業を受講出来ます。特徴としては、TESOLトレーニングをSkypeを活用して双方向オンラインで提供する点と、米国ワイオミング州政府との全面的な提携により、ワイオミング州教育局が認定するTESOL教材を利用している点です。ワイオミング州の公立高校での実習も可能であり、近い将来は、Yellowstone Language Instituteでワイオミング州におけるTESOL修士号取得が可能となります。

100%オンラインで授業を受講出来るため、仕事のある人や家庭のある人など、留学するためのまとまった時間が取れない小中高校における英語教師、大学における英語講師、教職希望者などの利用が見込まれています。韓国では、既にTESOLトレーニングが活用されており、韓国Gwangju(光州) Ministry of Education、及びIncheon(仁川) Ministry of Educationに所属する750名の英語教師が利用しています。

以下は、そのYellowstone Language InstituteのオンラインTESOLプログラムの紹介動画です。

TESOL Promo 2 from Pat Honstain on Vimeo.


2010年10月24日付のブログ「若手英語教員の米国留学プログラム」で取り上げた、日本の小中高校の若手英語教員を米国に留学させ、語学能力向上を図るプログラムも、オフラインに固執せず、オンラインとオフラインを組み合わせれば、同じ予算でも、数10倍以上の英語教員にプログラムを提供することが可能になります。

国が優先して整備しないといけないは、そのような米国留学プログラムに参加するため、長期間或いは短期間に職場を離れて休職する教員の処遇、そして帰国後の採用機会をどう制度化するかです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/446-52757de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。