:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国KBS Worldの記事によると、フィリピンで語学研修中の韓国人小学生など110人あまりが、フィリピン移民局に旅券を押収され、事実上抑留されているそうです。

KBS World
語学研修中の韓国人小学生 フィリピンで抑留

外交通商部によりますと、旅券を押収されたのは冬休みを利用してマニラ近郊の語学学校で研修を受けていた小中学生で、フィリピン政府が発行する学業許可証を持っていませんでした。
子どもたちは語学学校に200万ウォンから300万ウォン程度の研修費を支払っていましたが、学業許可証を申請しなければならない語学学校が学業許可証発行に必要な手数料をフィリピン移民局に支払わなかったということです。


この問題は、Inquirer.netやPhilstar.comなどのフィリピンのメディアでも取り上げられています。

Inquirer.net
70 Korean minors sans study permits, 7 adults to be deported—Immigration

Philstar.com
P300 million take at immigration

Fantasy World Theme Parks, Amusement and Recreation Club, Inc.

ただ、この問題は、単に韓国人とフィリピン人が共同運営している語学学校(Amusement and Recreation Club, Inc.が運営するFantasy World Theme Parks内にある学校)が、必要なStudent Study Permit (SSP学業許可証)を韓国人小学生のために申請していなかっただけでは有りません。

Philstar.comの記事では、フィリピンの入国管理局が、15歳未満の未成年者が、親の付き添い無しにフィリピンへ渡航する場合に提出が必要な書類「扶養・保証の同意宣誓供述書」を求めず、その代わりに賄賂を要求したという話が紹介されています。

この必要な書類「扶養・保証の同意宣誓供述書(Affidavit of Support and Guarantee with Consent)」とは、各国のフィリピン大使館に、渡航の事前に、申請し、認証を受けるものです。その認証に係る費用(日本だと認証料金が3,250円、照合料金が3,250円)や手間を考えたら、賄賂の方が手っ取り早いという暗黙の了解があったのかもしれません。

フィリピン共和国大使館
フィリピン共和国大使館
「扶養・保証の同意宣誓供述書」の認証のガイドライン

とにかく子供達がかわいそうですので、早く解決して欲しいです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/456-33d1b8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。