:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Business Standardの記事によると、世界最大の私営教育テスト実施機関米国Educational Testing Service (ETS)が、2010年12月10~12日に実施したTOEFL iBTは、過去45年の歴史の中で受験登録者数が最も多く、前回実施したテストより8%増加したそうです。その増加に貢献したのは中国、韓国、日本、タイでの受験者です。

Business Standard
ETS reports largest TOEFL iBT administration in history

ETS
Educational Testing Service

TOEF(Test of English as a Foreign Language)Lは、165ヶ国で利用、米国U.S. News & World ReportのBest Colleges 2011、英国Russell Group、オーストラリアGroup of Eightなどにランクインする7,500大学で試験結果として採用され、25百万人がこれまで受験してきました。TOEFLは、2010年にインドを含む88箇所の受験センターを新たに追加、全世界で4500の受験センターを持っています。

このTOEFLの隆盛を見ると、TOEICのガラパゴス化がより明瞭になってきます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/479-673febf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。