:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年1月29日付のブログ「フィリピンの学業許可証の取得者数が急増している理由」では、韓国人が経営する英語学校が、留学中の学生が取得するべきStudent Study Permit (SSP、学業許可証)の申請を急いでいる話題を取り上げました。

Iquirerの記事によると、Baguioバギオ)で開催された市の公聴会では、その韓国人が経営する英会話学校の開校が、一定期間、凍結する意見が支持されたそうです。凍結に並行して、既存の英会話学校115校の実態調査を行い、学校の新たな運営基準の確立を優先されることも確認されたようです。

Iquirer
South Koreans back plan to freeze opening of English schools  

一方、実態調査の対象となるKorean Schools Associationの会長であり、英会話学校HELP Learning Instituteを運営するHusky Ryu氏は、市の公聴会で、英会話学校運営に関する国の基準の厳しさを指摘しています。

I have [operated a school] for 15 years and [based on my] experience, [complying with government requirements] is quite hard.


学校を新設してから、市の開業許可や、Technical Education and Skills Development Authority (Tesda)からの認可を得るまでに時間がかかり過ぎるので、新設の英会話学校は開校出来ないまま家賃を払い続け、倒産するケースもあるようです。
 
10,000人もの韓国人コミュニティを抱えるBaguioバギオ)では、夏休みになると多くの韓国人が、英会話学校に留学してきます。今後、産業として継続していくためにも、規制措置は受け入れざるを得ないようです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/487-775abaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。