:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年7月末に、情報収集のため、フィリピンの首都マニラにあるフィリピン政府観光省を訪問しました。

その際、応対してくれた担当者が、私の帰国前にゴルフのレッスンプロを紹介してくれました。(これも仕事絡みです。)その待ち合わせ場所は、マニラのビジネス街マカティにあるショッピングモール内のレストランTravel Café Philippinesです。

2007年12月にオープンしたTravel Café Philippinesは、この地域の高級ホテル宿泊客や、日本の丸の内も相当するビジネス街で働く人達向けの高級レストラン&バーです。フィリピン人と日本人が経営するPhilippine Japan Coffee Holding Corp.が運営、フィリピン政府観光省が支援しています。以下は、その写真です。

Travelcafephilippinesmakati 

コーヒー党の私は、予習していました。Travel Café Philippinesでオーダーしたのは、フィリピン産高級コーヒーアラミドコーヒーAlamid Coffee)、別名フィリピン・シベットコーヒー(Philippine Civet Coffee)です。希少価値の高いコーヒーなので、一度飲んでみたいと思っていました。何故なら、このコーヒー豆は、ジャコウネコの一種であるシベットが、コーヒーチェリーを食べ、消化器で発酵されて後、排泄された未消化の豆を採取して焙煎されたものだからです。

レシートを無くしてしまい、いくらだったか値段を忘れましたが、高かったです。肝心の味はどうかというと、「あれコレってコーヒーなの」という意外な甘さがありました。でも、ゴルフレッスンのビジネスの話で夢中だったので、正直、あまり覚えていないです。(誰かフォローしてくれると助かります。)今度は、一人で行って、じっくり楽しみたいです。

Philippines Prime: Travel Café Philippines

Travel Café Philippines
Address: 2nd Fl. Greenbelt5 Paseo de Roxas, Ayala Center, Makati City, Philippines
TEL: (632)729-2233
営業時間:10:00am ~10:00pm
定休日:なし

帰国後は、飯田橋のTravel CaféフィリピンTOKYO店に行きました。飯田橋のTravel Café フィリピンTOKYO店は、株式会社インストアメディア社が運営、フィリピン政府観光省が支援する形で経営されています。店内には、観光を中心にした様々なパンフレットが常置されており、ちょっとしたショールームのような印象です。

Travelcafephilippinestokyo  

さて、ここでオーダーしたのはフィリピンアイスティーです。真夏に駅から歩いてきたので、優しい甘さと冷たさは格別でした。値段は350円。財布にも優しい値段でした。

Travel CaféフィリピンTOKYO店
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/5-42cbaf9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。