:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン版Korea Timesの記事の中で、2012年まで韓国独自に英語能力を測るための試験を作ろうとする動きがあるようです。

The Korea Times
Korea to Replace TOEFL With State Tests

英語能力を測るための試験には、TOEFLTOEICがありますが、何故、新たに独自試験を設けるのでしょうか?

政府機関Minister of Education, Science and TechnologyのAhn Byong-man氏によると、新しい英語能力試験は、それらを超えるものになるとのこと。

"The new exam surpasses other similar exams in its credibility because of the fact that it is supported and approved by the state." "Once it is made available, I am sure that it is just a matter of time before all schools start to use it.“


そして、新しい英語能力試験は、日本の英検EIKEN)に似た位置付けになるようです。要は、TOEFLTOEICの代替を狙うということでしょうか?

Korea Timesの記事は、1年間で韓国人受験者から250億ウォンの受験料を稼ぎ出す米国の英語能力試験TOEFLから、韓国が税金を徴収出来ていないことを指摘しています。新しい英語能力試験は、韓国の財源になると見越しての動きのようです。

Ahn Byong-man氏は、その英検の扱われ方を以下のようなコメントしていますが、どうも英検に関して過大評価しているようです。

"EIKEN is not just recognized in Japan but also in the United States and Australia, where English is the native language."


さて、記事で引用されていた日本の英検ですが、人気はどうなのでしょうか?財団法人日本英語検定協会のホームページに、過去3年間の英検の志願者数を見つけることが出来ます。その数の推移を見ると、人気は芳しくありません。

財団法人日本英語検定協会

EIKEN  
STEP 英検 

2006年 2,448,929人
2007年 2,397,087人
2008年 2,347,093人

過去3年間で前年より志願者数を伸ばしているのは、1級だけです。小学生高学年向けの5級、中学生向けの4級の志願者数は、毎年、前年度の志願者数を大きく割り込んでいます。英語圏の教育機関に留学する際に必要な英語能力を測る上で、そして英語でのコミュニケーション能力を測る上で、ほぼ役に立っていない英検を見限る人が増えてきたのかも知れません。

なお、ブログ「vizooを使ったグラフとブログ」では、英検の志願者数とTOEICの受験者数の推移を比較しています。ご関心のある方は、以下の記事からご覧下さい。

vizooを使ったグラフとブログ
のびる漢検、おちる英検 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/52-6b4e68ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。