:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最大の私営教育テスト実施機関ETSEducational Testing Service)が主催するTOEFL (Test of English as a Foreign Language)の試験結果を採用する教育機関の数が7,300校を超えたそうです。

ETS
Educational Testing Service
Number of Institutions Accepting the TOEFL® Test Surpasses 7,300 Globally

7,300校の内訳ですが、米国・カナダで約5,175校、欧州(英国除く)約1,000校、英国や約200校、アジア約600校、オーストラリア・ニュージーランド約100校及びアフリカ・中東が残りという具合です。過去1年間でも、新たに338校がTOEFL英語能力試験に採用しています。採用する教育機関の増加を受けて、ETSは、現在世界で展開する4,500の受験サイトの数も増やす方針です。

TOEFLとのライバルとも言えるIELTSの場合、6,000の教育機関・行政機関の英語能力試験として採用されています。公用語として英語が使われる機会は今後も増えるので、TOEFLIELTSテスト共に、採用する教育機関の数は、まだ右肩上がりが続きます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/53-98b06c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。