:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月下旬、インドのデリーとムンバイに行ってきました。

その時会ったのは、デリーの近郊地域ノイダNoida)にあるeラーニング会社LIQVID eLearning Services Pvt Ltdです。ここは、英国BBCのコンテンツを使った英語学習教材EnglishEdgeを開発・販売しています。

liqvid
LIQVID eLearning Services Pvt Ltd

EnglishEdge

日本でも売れそうか否か、デモを見せてもらいました。インド国内市場向けのコンテンツのため、人物設定など全てインド人なので、そのまま持ってくるのは無理です。でも、バックエンド機能には、生徒毎のコンテンツ閲覧履歴やテスト履歴をチェック出来る仕組みもあり、さすがHewlett PackardやIBMなど外資系企業を顧客に持つだけのことはあります。コンテンツの展開で驚かされたのは、まだ普及の進んでいないブラックベリーなど、スマートフォンへの対応を既に進めている点です。今後、大きな市場になると見越しているそうです。学校でもWiFi基地が普及するはずなので、現実性の高い選択です。

インドのeラーニング会社は、欧米企業から英語の教育コンテンツ開発を受注し、経験を重ね、自社製品開発に乗り出すという成長パターンがあります。コンテンツ自体は面白くないのですが、バックエンド機能は充実しており、また大学・専門学校向けERPなど、日本にはないソフトウエア商品を提供する会社も存在します。また、英国や米国のK-12向けに、数学や理科といった科目をオンラインで指導する会社も増えており、アジアでは最もイノベーションに富んだ市場だと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/531-e374e2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。