:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学生の英語レベルを簡単に判定するサービスを紹介します。

外国語習得プログラムが充実しているユタ州のブリガムヤング大学Brigham Young UniversityBYU)は、25年前から、英語を学んでいる学生を、実力別にクラス分けするテストCAPEの開発に取り組んできました。

BYU
Brigham Young University

インターネットを介して受験の出来るCAPEは、英語の文法、ヒヤリング、及び読解力を測るためのテスト3つから構成されています。CAPEの特徴は、最初の設問に対して間違った回答を選択すると次の設問は簡単な内容に、正解であれば難しい内容に変えていくことで、受験者の英語習熟度を正確に把握出来る点です。受験者は、Web上で合計30~40分間の試験を受けるだけです。試験終了後、結果は受験者に画面を通じて通知され、同時にテスト実施者(学校)にも瞬時に伝えられます。

ブリガムヤング大学は、CAPEのマスターフランチャイザーとしてPerpetual Technology Groupを選び、米国で外国人向けにESL(English as a Second Language)プログラムを提供する大学を中心に販売しています。英語習熟度の測定精度の高さ、いつでも何処でも受験出来る利便性、及びコストの低さ(大学向け初期費用は700~825米ドル、及び受験生1名当たり最大18米ドル、受験者数が多いほど割安に)を理由に、現在、全米800以上の大学でCAPEが利用されています。

Perpetual Technology Group

Perpetual Technology Group

日本では、英語の実力を測るため、TOEIC受験を学生に課す大学も増えています。しかし、TOEIC受験料は5,565円であり、試験日は年9回と限定されており、結果を得るまで試験日より1ヶ月掛かります。場所や時間を選ばす受験可能なCAPEは、コストを抑えつつ、一度に大量の大学生や社員の英語習熟度を測る上で、とても便利なツールです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/532-2d69b124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。