:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月28日、University of th Philippines(フィリピン大学)のDilimanディリマン)校のMalcolm Hall(マルコムホール)において、Center for International Education (CIE)が主催した英語教師や英語学習者向けのコンファレンスNational English Conferenceが開催されました。

そのコンファレンスのゲストスピーカーである、IDP Education Pty Ltd (IDP)のフィリピン担当責任者のAndrew King氏の問題提起を、The Philippine Starが取り上げていました。何が問題かと言うと、IELTS (International English Language Testing Systemの略、アイエルツ)の試験結果で、フィリピンはマレーシアに遅れをとっているというものです。なお、IDPは、オーストラリア留学を希望する学生の留学サポートをする会社で27カ国60箇所 にサポートセンターが有ります。

The Philippine Star
RP just second to Malaysia in English proficiency

IDP Education Pty Ltd 
IDP Education Pty Ltd

大学等への進学を前提とする2008年のIELTS のAcademic Moduleテストの国別平均スコアは、2007年のマレーシアは6.71でアジア圏トップ(世界で第3位)、フィリピンは6.69で第2位(世界で第5位)です。(以下、インドネシア5.99、インド5.79、タイ5.71)IELTSでは、英語の熟練度が、1(Non User)から 9(Expert User)の数字によるバンドスコアで測られます。つまり、最低点は1、最高点は9というスコアになります。

そして、オーストラリア等への移住を前提にした2007年のGeneral Training Moduleテストの場合、スコア7.0前後が求められるそうですが、フィリピンはこのレベルにも達していないとのこと。

英語は、フィリピンの公用語の一つとしてタガログ語とともに小学校1年生から教えられています。一方のマレーシアも状況は同じです。マレー人、中国人、インド人のの人種から成るマレーシアの小学校ではマレー語と英語は必修教科です。マレーシアの方が、テスト向けの教育方法と機会が充実しているのかも知れません。

そのマレーシアでは、小中学校で行われてきた英語による理科と数学の授業が、2012以降、マレー語や中国語、タミル語の各言語での授業に戻されることになったそうです。

産経ニュース
マレーシア、英語での理数科授業廃止へ 理解できず学力低下
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/54-39df3a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。