:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュージーランドのメディア会社APN News & Mediaが運営するnzherald.co.nzの記事の中に、同国政府が認める、教育を輸出産業として育成する業界団体Education New Zealandを取り上げていました。

nzherald.co.nz
Golf, horse-riding lure foreign students back

そのEducation New Zealandのまとめた統計によると、2008年7月から11月の間にインドの留学生は、2006年同期間に比べて267名から1314名に増加(390%増)、サウジアラビアの留学生は75名から298名に増加(297%増)、ベトナムの留学生は53名から191名に増加(260%増)したそうです。その要因の1つとしては、ニュージーランドドル安です。インドの留学生にニュージーランドの人気が高いのは、学位を取得した後、職に就ける機会があり、また移住する場合にもニュージーランドで学位を取得する方が有利になるからです。

Education New Zealand 
Education New Zealand

Education New ZealandのスポークスマンのStuart Boag氏によれば、留学生1名当たりが留学生活に費やすお金は年間40,000ニュージーランドドル(学費は年間16,000ニュージーランドドル)であり、総額23億ニュージーランドドルの規模になります。

ニュージーランドには多くの日本人も留学していますが、その人数が減少傾向にあります。Education New Zealand のサイトに掲載されている、Ministry of Education Levy Statisticsを観ると、日本人の留学生数の推移は以下の通りです。でもこの傾向は、ニュージーラン留学者数第1位の中国・香港人、第2位の韓国人、第3位の日本人に共通しています。

2003年 18025名
2004年 18006名
2005年 15677名
2006年 14455名
2007年 12236名
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/61-d79aec05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。