:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月6日付のブログ「英語の使えるインド人の人口はどれくらい?」で取り上げた、British Councilの委託業務としてレポートEnglish Next Indiaを書いた英国の言語学者David Graddol氏のインタビューの記事があったので、紹介しておきます。

In Russia, English has become the working language. It's the corporate language for Germany. Brazil is going to teach English to its students from class I starting next year. The way wealth is created is different after globalisation. Even in mid-1990s, Belgians were teaching English to Chinese so that they could communicate with German and Italian engineers installing machines in their steel factories. In India, not many know the changes that have happened outside. India used to think 'we speak English, so we have an advantage'. You don't get special advantage if everyone speaks English. Twenty years ago you had this special advantage. China is teaching English to a much wider demographic whereas in India, it continues to be to a fairly elite group.


The Times of India
'Majority of Indian students don't have good enough English'

インタビューの中で、インド人の間には、自分達が英語は上手い、それがインドの経済成長の原動力になったとの認識があるが、世界の国々で、誰もが必死に英語を学んでいる状況下では、それが何時までも通用しないとの指摘があります。これについては、全く同感ですね。

なお、レポートEnglish Next Indiaは、2010年2月ぐらいに、British Councilのサイトで公開されるそうです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/85-e8065435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。