:::English Ninja:::フィリピンに英会話留学する前に

「フィリピンに英会話留学する前に」は、とにかく少ない予算で、フィリピンの英会話学校で勉強をしたいという人向けに、留学前に知っていたら有益だと思うことをまとめたブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFPの記事によれば、バングラディッシュで始まった携帯電話を使った英語教育プロジェクトBBC Janalaが大人気だそうです。Janalaとは、バングラディッシュの公用語であるベンガル語で「窓」の意味です。

AFP
Mobile phone English lessons a hit in Bangladesh

BBC Janala
BBC Janala

英国政府が50百万ポンド(約72億円)を出資、チャリティー組織BBC World Service Trustが運営を行うこのプロジェクトBBC Janalaは、携帯電話利用者50.4百万人を対象に、電話を掛けて3分間の英語のレッスンを、僅か3タカ(約3.7円)の通話料金で受けることが出来るというものです。レッスンを受けやすくするため、地元の携帯電話会社6社は、携帯電話の通常通話料金から75%割引を適用しています。

BBC World Service TrustJanalaプログラムの責任者Sara Chamberlain氏によると、 サービス開始からわずか6日間で、40万人が利用しているそうです。

"We had expected no more than 25,000 calls on the first day... but we were swamped with 84,000 and it's growing."


この理由には、英語が稼ぎに影響する点があります。バングラディッシュの新たな輸出産業である繊維業や銀行で、英語の喋れる人材の給与は月500米ドルも得られます。一方、バングラディッシュの月最低賃金はわずか25米ドルです。そのため、格安で毎週5日、18ヶ月間も続くこのプログラムを、他に教育機会のない貧しい人達が積極的に利用しているのです。

調べると、バングラディッシュは、1947年に英国からインドと分離独立、パキスタン領東パキスタンとして成立後、1972年にバングラディッシュ人民共和国として成立した元英国領国です。でも英語が上手いのは、きちんとした教育を受けることの出来る上流階級のみです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1on1english.blog18.fc2.com/tb.php/91-aa004235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。